平和委員会活動内容
青年学生の活動ページ
旭区平和委員会リンク
資料《要請・抗議文》
リンクのページ
INDX記事保存版
大阪平和委員会HP内検索 by Google 


とりくみ予定・新着など

◆「平和新聞」大阪版(2016年11月25日 2124号)

橋本敦名誉会長からの特別寄稿文

◆『戦火のベトナムに輝いた憲法九条』

ここに組織あり 総会・バスツアー・柿狩り交流

◆三年ぶりの堺平和委員会総会を15人で開催(10/30)
◆吹田平和委員会「舞鶴バスツアー」(11/13)
◆天王寺平和委員会 雨の中の「柿狩り」in 天理(11/8)

自衛隊スーダン派遣反対緊急宣伝行動(10/30)

◆上本町駅前で12人で行動~天王寺、生野各平和委員会からも多数の参加

沖縄担当大臣の差別発言擁護に抗議文提出

◆11月9日抗議文を同大臣に送付

大阪市包囲行動~地下鉄・市バス民営化を許さず市民の財産と足を守ろうと開催(11/15)

◆集会とデモに100人~大阪平和委員会からも3人参加~

福山功勝さんのヤンバル通信№6

◆「住民訴訟」と「再アセス要求」の顛末は?

《今月の言葉》

◆「与えられたチャンスを確実に」
「平和新聞」大阪版PDF版
 (8月号より掲載しています)
◆2124号大阪版(2016.11.25)
◆2122号大阪版(2016.11.5)
◆2119号大阪版(2016.9.25)
◆2116号大阪版(2016.8.25)
◆2114号大阪版(2016.7.25)
◆2111号大阪版(2016.6.25)
◆2109号大阪版(2016.5.25)
◆2104号大阪版(2016.3.25)
◆2101号大阪版(2016.2.25)
◆2098号大阪版(2016.1.25)
◆2097号大阪版(2015.12.25)
◆2094号大阪版(2015.11.25)
◆2092号大阪版(2015.10.25)


私たちは、こんな活動をしています

1.輝け憲法

「憲法9条を守ろう」の声が広がるよう、各地で取り組みをすすめています。同時に、9条改悪のねらいが、日本を海外で戦争できる国=自衛隊をアメリカといっしょに海外で戦争できるようにするととにあることを知らせることにも努力してす。
■「九条の会」の結成やその運営に参加するなどして全国各地でがんばっています。

2.軍事同盟も基地もノー

 日本をアメリカ軍の司令・出撃基地として強化する在日米軍の再編・強化、自衛隊と米軍の一体化を許さないための調査や監視、告発に抗議。また、アメリカ兵の犯罪、米軍による騒音や自然破壊をやめさせる取り組みもすすめています。
■毎年秋に開催している日本平和大会に参加しています。

私たちの出発点
 アジアの人々2000万人、自分の国でも300万人の命を奪ったアジア・太平洋戦争のあと、私たちの先輩は「戦争だけはもう繰り返すまい」と平和を強く求め、その思いは憲法9条へと結実します。しかし、戦後まもなく東西対立が強まり、再び戦争の匂いがたちこめるようになります。こうしたなか、1949年パリとプラハで平和擁護世界大会が開かれ、それに呼応して平和擁護日本大会が開催されました。これが日本平和委員会の出発点となりました。

3.核兵器のない世界へ

世界は今、核兵器廃絶への流れが強くなってきています。それを確かなものにする被爆国日本の運動が大変大事です。被爆者の皆さんの思いを受け継ぎ、支援しながら、署名や原爆パネル展などを通じて呼びかけています。
■原水爆禁止世界大会と、その成功をめざして歩く日本平和大行進を原水協の一員として各地で取り組んでいます。

4.戦争反省をしっかり

 日本の侵略戦争。広島・長崎への原爆投下。癒えることないその傷跡。イラクやアフガニスタン、パレスチナなどで今も続く戦闘。戦争がどんな悲惨な結果をもたらすか、戦後世代が圧倒的な今だからこそ大切に取り組んでいます。
■平和のための戦争展、体験の継承、平和ツアー、戦跡保存、歴史の学習会などに取り組んでいます。


あなたの思い、草の根のとりくみをつなげ
世界にとどけます


一人ひとりが主人公
 1人ひとりの自発的な行動ほど平和を守る強い力はありません。1人ひとりが主人公。平和委員会は、1人ひとりの思いで成り立つ個人参加の会です。

3人寄れば
 3人集まれば、そこに会を立ち上げることがせきます。思いやアイデアを出し合い、相談しあっていろいろ取り組んでみましょう。4人、5人と増えればもっと楽しい。

全国に仲間が
 沖縄から北海道まで全国に500をこえる会があります。それぞれの地域、職場、学園で平和の思いを育み、その経験の交流もできます。

力を合わせて
 憲法を守ろう。外国軍の基地はいらない。日本に核兵器を持ち込まないで。その思いと行動は、全国的につながり合ってこそ、力を発揮しますね。

世界の仲間とともに
 日本平和大会や原水爆禁止世界大会の場で、さらにはピースツアーを企画したり訪問団を送るなどして平和を願う世界の人々と交流しています。草の根の取り組みが世界とつながっています。

あなたも大阪平和委員会へ

草の根から平和を!

こんにちは。
私たちは、戦争のない、核兵器も軍事同盟もない世界、 憲法9条の輝く日本をつくるために活動している平和NGO(非政府組織)です。
アジア・太平洋戦争が終わって間もない1949年に誕生し、今年で63年を迎えました。

いま、核保有国の高官などからも核兵器廃絶を求める声がおき、 紛争は話し合いで解決する地域共同体も広がっています。

ところが、被爆国であり憲法9条を持つ日本で、政府がそれにふさわしい役割を はたしていません。日本の平和運動の役割は大変重要ではないでしょうか。

1人ひとりの平和の思いを大切にし、草の根の取り組みを全国につなげ、 そして世界にも発信する平和委員会。いっしょに活動してみませんか。

(表題は1999年5月の「あなたも日本平和委員会へ」リーフレットを参照させていただきました)