平和委員会活動内容
青年学生の活動ページ
旭区平和委員会リンク
資料《要請・抗議文》
リンクのページ
INDX記事保存版
大阪平和委員会HP内検索 by Google 


とりくみ予定・新着など

◆「平和新聞」大阪版
(2017年1月25日 2128号)

2017年新年の抱負

 ◆「幸せ感じられる社会を」
 青年学生部 壽山玲子
◆「憲法28条が私の力」
 天王寺平和委員会 吉田一江

西淀川平和委員会第4回総会を33人の参加で成功させました

◆西淀川グルメ総会(12/16)

和泉平和委員会第11回総会を18人の参加で開催

◆和泉総会しっかり学習(12/24)

クリーン作戦に便乗 広報活動と自衛官募集(12/4)に抗議

◆和泉平和委員会が抗議申し入れ(12/14)

北区「平和のつどい」(12/8)

◆講演と映画「還ってきた日章旗 帰らぬ父たち」鑑賞

沖縄連帯行動強く(1/16)

◆18人で近鉄上本町駅頭で寒風のなか沖縄連帯行動

福山功勝さんのヤンバル通信№8

◆2月7日と12日の上映会で報告します

今月の言葉

◆「若者たちが押し潰されようとしている」
「平和新聞」大阪版PDF版
◆2128号大阪版(2017.1.25)
◆2127号大阪版(2016.12.25)
◆2124号大阪版(2016.11.25)
◆2122号大阪版(2016.11.5)
◆2119号大阪版(2016.9.25)
◆2116号大阪版(2016.8.25)
◆2114号大阪版(2016.7.25)
◆2111号大阪版(2016.6.25)
◆2109号大阪版(2016.5.25)
◆2104号大阪版(2016.3.25)
◆2101号大阪版(2016.2.25)
◆2098号大阪版(2016.1.25)
◆2097号大阪版(2015.12.25)
◆2094号大阪版(2015.11.25)
◆2092号大阪版(2015.10.25)


上六近鉄駅頭での沖縄連帯宣伝行動に12人が参加(2月13日)

 辺野古新基地建設工事再開許すな!「沖縄連帯行動」
―「基地の押し付け撤回を求める全国統一署名」12人で28筆集める―

 2月13日昼間、大阪平和委員会は、近鉄上本町駅頭で沖縄県辺野古の米軍基地建設工事をやめさせようと宣伝行動を実施しました。

 天王寺平和委員会の山崎健逸さんと大阪平和委員会理事長の近藤正さんの二人がマイクを握り「生物多様性に富んだ美しい海が米軍基地のために破壊されようとしている」「沖縄県民の8割がこの基地建設には反対し、国政選挙をはじめあらゆる選挙で反対の民意を示してきたのに、安倍政権はこれを無視し、アメリカとの約束を第一にし、基地建設を強行するなど、民主主義を破壊するものだ」と訴えました。

 30代の女性が「安倍政権はひどいことをしますね」と日本語で、南米のチリから来た20代の女性が「私も戦争反対です」と英語でそれぞれ署名に協力してくれました。

 この行動には、寒風吹くなか天王寺、住之江、旭区各平和委員会からも駆けつけ、12人が参加しました。「沖縄県民の民意尊重と、基地の押し付け撤回を求める全国統一署名」が計28筆集まりました。

2月13日の上六近鉄駅頭での宣伝行動


映画「いのちの森・高江」上映とヤンバル統一連事務局次長・福山功勝さんの現地報告(2月7日)

 「いのちの森・高江」上映と現地のたたかい報告会を開催
―沖縄連帯の決意固めた62人の参加者たち―

 大阪平和委員会は、2月7日午後大阪市内でドキュメンタリー映画「いのちの森・高江」上映会を開催しました。最初に、62人の参加者は同映画を60分余見ました。同映画は、沖縄県東村高江…絶滅危惧種や希少種など豊かな生態系を有するヤンバルの森に囲まれて穏やかに暮らす人々の姿と、その森の一角で安倍政権が強行する米軍のオスプレイパッド(着陸帯)建設工事を非暴力で止めようと座り込みを続ける人々の姿とを対照的に映し出したものです。

 続いて、辺野古・高江の現場を離れて前日に帰阪したヤンバル統一連事務局次長・福山功勝さん(大阪平和委員会会員)がたくさんの写真を用いて、旬の現場報告をしました。福山さんは美しい大浦湾の写真を見せながら「安倍政権は沖縄県の民意に耳を傾けることなく、こんな美しい海を埋め立てて耐用年数200年の米軍新基地をつくろうとしている」と告発しました。

 参加者からは、「安倍政権は許せない」「居ても立ってもいられない。みんなで沖縄県辺野古連帯支援ツアーに行きたい」との感想が出されました。

 大阪平和委員会は、この上映会終了後、参加者からもらった上映料全額と会場内で寄せられたものを合わせてすべてカンパとして福山さんに渡しました。

生野平和委員会-「新春」恒例行事に35人が集う(1月22日)

 生野「平和新春のつどい」にぎやかに


 生野平和委員会は1月22日恒例の新年行事「平和新春のつどい」を35人の参加でもちました。

 冒頭、戸井逸美会長(歯科医師)が主催者あいさつ、近藤正大阪平和委員会理事長と柴山昇衆議院大阪1区国政対策委員長が来賓としてあいさつを行い、吉田一江大阪平和委員会事務局次長が「被爆者が訴える核兵器廃絶国際署名」への協力を訴えました。  

 次に、お弁当を食べながら楽しく懇談した後、文化行事に移りました。先ず、「ともしび歌声広場」。皆で「みかんの花咲く丘」」などを合唱。次に

 天王寺平和委員会など5人のメンバーによる「なんきん玉すだれ」(写真)。続いて、コーヒーとお菓子を味わいながらビンゴゲームに打ち興じました。

 そして最後に、みんなで輪になって「沖縄を返せ」を大きな声で歌い、つどいの幕がおろされました。

新春~沖縄連帯宣伝行動(1月16日近鉄上本町駅頭)

 2017年新春 寒風のなか沖縄連帯宣伝行動
「基地の押し付け撤回を求める全国統一署名」18人で30筆集約


 大阪平和委員会は、1月16日昼間、近鉄上本町駅頭で沖縄連帯宣伝行動を実施しました。

 近藤正・大阪平和委員会理事長は、回収された墜落機オスプレイの残骸写真を掲載したチラシを紹介しながら「米海兵隊のオスプレイの墜落事故の現場は米軍が規制し、沖縄県知事も名護市長も海上保安部もマスコミも入れず、事故原因究明の証拠となる機体は米軍によって回収された。これは米軍に特権を与えた日米地位協定に基づく行動だ。さらに県民の中止要求を無視し、6日後にはオスプレイの飛行を再開、1月6日には空中給油訓練も強行した。いったいこれで日本は独立国と言えるのか」と訴えました。

 50歳代後半の男性は「前からこの署名は協力したいと思っていた」とこころよく、また50歳前後の女性は「こんな寒い日にごくろうさん。風邪ひかんといてね」と労をねぎらいながら、署名してくれました。

 この行動には、天王寺、生野、東大阪各平和委員会と大阪平和遺族会から計18人が参加し、「沖縄県民の民意尊重と、基地の押し付け撤回を求める全国統一署名」が計30筆集まりました。


あけましておめでとうございます。

 2017年新年の抱負

 大阪平和委員会会長 小林徳子 2017新春

 あけましておめでとうございます。

2017年新しい年を迎えました。昨年は大阪平和委員会結成60年を迎え、あらためて平和、民主主義、憲法を守る運動の重要性を痛感しました。一方、安倍政権は戦争法の強行採決に続き、南スーダンへの自衛隊派兵など戦争の道に突進しています。

 私は、75年前の戦争突入の様相を思いおこしております。これを阻止するために今年は更に平和委員会の若者を含む組織の拡大強化、他団体との共闘など急がなければなりません。「どの子どもも殺し殺されることのないように」全力で奮闘しましょう。そして社会進歩、世界平和に貢献できる大阪平和委員会へと一層努力してまいりましょう。


 大阪平和委員会副理事長 玉置敏次 

 2016平和行進で大阪平和委員会の旗を和泉佐野市から兵庫県川西市まで持ち通した。それで感じたことは、会員がいない行政区が多いことである。

 新年は傘寿を迎える節目の年である。畑田重夫日本平和委員会顧問の「志は高く姿勢は低く旗は高く旗竿は深く」との志を胸にきざんで摂津市、茨木市での平和委員会設立に挑戦したい。

 和泉平和委員会 浅田健司 

 2017年は憲法施行70年にあたる年で、私も75歳になります。今目の前にあるのは政府文部省が出した「あたらしい憲法のはなし」をそのまま掲載したパンフレットです。この中で分かりやすく説明されている「平和の為にどうしても必要な事」は民主主義を大切にし、二度と戦争をしない事、そして一切の武器を持たない事とあるのですが、現在は明らかに逆方向にすすんでいます。私たちの憲法はこの国のものとしてだけでなく、全世界のものにとの確信を持ち、このパンフ普及活動にも取り組んできた事など想い浮かべながら平和への新たな決意を固めているところです。

 北区平和委員会 大住弘明 

 武器なきクーデターともいうべき安倍自公政権の暴走ぶり、一日一日私たちの平和・民主主義を踏みにじる現状に切歯扼腕の思いです。私たちの組織は大都会の、関西財界の、そして巨大マスコミの集中している地域のなかで平和と民主主義の声を届ける組織になっているかといえばまだまだ程遠い状況と言わなければなりません。

 今年は地域に拠点を置く組織として情勢と地域性にふさわしい組織になっていくよう頑張っていきたいと思っています。

 八尾平和委員会会長 丸山豊美 

 現在の憲法は私の生まれた時から存在し空気の様なものでした。黒田知事誕生の頃「憲法をくらしに生かそう」という言葉はいろいろな分野での活動の柱でした。しかし今、教育、医療、福祉を支えるための憲法は隅っこに追いやられ、平和そのものもおびやかされています。ひとりひとりに安全で安心な生活を保障するために憲法を守りお金の使い方を変える政治が行われるよう声をあげ連帯を強めていく時だと思います。
本当の意味での平和な社会を思い描きながらがんばっていきましょう。

「沖縄県民の民意尊重、基地の押し付け撤回」と扇町公園に集う

沖縄に基地はいらない おおさか総がかり行動に4000人(12月10日)

 おおさか総がかり行動実行委員会は、10日午後「『オール沖縄』の民意を尊重し、辺野古と高江への基地押しつけは許さない」と4000人の参加で集会を開きました。

 集会では、「沖縄の風」の伊波洋一参議院議員が「安倍政権は、本土から機動隊員を動員して、ノグチゲラなど自然の宝庫の沖縄本島のヤンバルの森にオスプレイパッド(着陸帯)の建設を強行しようとやっきとなっている。沖縄と本土が連帯して安倍政権の辺野古新基地建設、高江での暴挙にストップをかけよう」と訴えました。辰巳孝太郎日本共産党参議院議員が「野党と市民の共同を強め、『戦争する国』づくりと沖縄への基地の押しつけをすすめる安倍政権を打倒するため全力をあげよう」と呼びかけました。

 また、吹田の「ママの会」代表が「吹田平和委員会と一緒に『標的の村』の上映会を200人の参加で成功させた」と高江に連帯するスピーチを行いました。

 集会後、大阪平和委員会の仲間は、横断幕を先頭に旭区、生野区、北区、天王寺、東大阪、堺市、西淀川など多数の幟をもって中崎町までデモ行進しました。

《ホーム・インデックス》