平和委員会活動内容
青年学生の活動ページ
旭区平和委員会リンク
資料《要請・抗議文》
リンクのページ
INDX記事保存版
大阪平和委員会HP内検索 by Google 


とりくみ予定・新着など

◆「平和新聞」大阪版
(2016年6月25日 2111号)

増勢で迎えた全国大会
(6月11~2日 神奈川県相模原)

◆会員、新聞・運動誌読者数
大阪三部門前進で全国牽引
◆[仲間づくり・都道府県表彰]
◆[仲間づくり・基礎組織表彰]
◆[機関誌コンクール・地域部門]
◆[ホームページ部門・入賞]

ついに吹田平和委員会結成(5月20日)

◆仲間ひとり増える

《今月の言葉》
「答えは、誰にもわからない」

沖縄県議選で翁長与党大勝(6月5日)

◆大阪平和委員会から支援行動に参加
◆米軍属による遺体遺棄現場で合掌・慰霊

遺体遺棄事件に怒りの抗議行動(5月20日)

◆和泉平和委員会とともに抗議文を手交

平和ワイン会開催(6月3日)

◆平和ワイン会と間違え入会?

オール沖縄旋風よ!さらに大きく強く吹け

◆福山功勝さんからメール
「平和新聞」大阪版PDF版
 (8月号より掲載しています)
◆2111号大阪版(2016.6.25)
◆2109号大阪版(2016.5.25)
◆2104号大阪版(2016.3.25)
◆2101号大阪版(2016.2.25)
◆2098号大阪版(2016.1.25)
◆2097号大阪版(2015.12.25)
◆2094号大阪版(2015.11.25)
◆2092号大阪版(2015.10.25)


《ホーム・インデックス》
「たこピー」主催で「被爆体験を聞く会」開催(7月24日)

高校生と大学生が被爆者2人の証言を聞く

 7月24日(日)「被爆体験を聞く会」が8月の原水爆禁止世界大会参加に備えるプレ企画として大阪平和委員会事務所で開催されました。

 主催は大阪の高校生でつくる平和サークル「たこ焼きからピース」(通称「たこピー」)。広島で4歳時に被爆した山川美英さんは、「被爆したときは母親も私も気を失っていたが、母親は熱線で焼けただれた背中に自分を負って逃げてくれた。自分は中学生になって被爆したことを知った。自分と母親のような被爆者はもう出したくないので核兵器を早くなくしたい」と語りました。

 もう一人の広島の被爆者・松山五郎さんも証言をするとともに「被爆者が呼びかけた新国際署名は核兵器廃絶に大きな役割を果たすので頑張って集めたい」と決意を語りました。参加した高校生たちは「もっと多くの人たちに被爆体験を聞いてほしい」と感想を述べました。

 参加者は高校生・大学生4人を含め計12人でした。

7月15日「辺野古新基地工事の中止と普天間基地の無条件撤去を求める」署名行動

近鉄上本町駅頭で沖縄連帯15日宣伝行動

 大阪平和委員会は7月15日(金)昼、近鉄上本町駅頭で天王寺平和委員会と一緒に6人で「沖縄連帯15日宣伝行動」を実施しました。

署名を訴える参加者 上羽事務局長が、日本平和委員会作成の辺野古新基地反対を訴える沖縄連帯ビラを掲げながら、「沖縄では“オール沖縄”の伊波洋一参院選沖縄選挙区候補が現職の島尻安伊子沖縄担当相に10万6千票の差をつけて圧勝した。沖縄県議選につづき、辺野古新基地建設反対の民意が示された。

 アベ政権は辺野古基地建設を断念すべきだ」とマイクで訴えました。「辺野古新基地工事の中止と普天間基地の無条件撤去を求める」署名がわずか30分の行動でしたが計10筆集まりました。


7月6日 高槻市→茨木市→摂津市→吹田市幹線コース 国民平和大行進

国民平和行進「核兵器・戦争法をなくそう」の声沿道にとどろく

 7月6日(水)国民平和行進・幹線コース7日目は北摂・三島地域の沿道を練り歩きました。

 摂津市の集会では、青年会員・長谷川裕介さん (吹田平和委員会の世話人・摂津民商事務局員)が司会を務めました。さらに、うれしいことに、集会の場で男性が一人吹田平和委員会の会員・読者になってくれました。。結成されたばかりの吹田平和委員会の仲間6人が摂津市から吹田市役所まで行進しましたが、この新入会員も大阪平和委員会からプレゼントされたばかりの「吹田平和委員会」幟をもって行進してくれました。

 吹田市メイシアター前の集会終了後、吹田平和委員会の仲間たちは地元の通し行進者の玉置副理事長も含め全員乾いた喉を潤し、吹田平和委員会の明日を語るため街にくりだしました。


7月4日 大阪市内幹線コース 国民平和大行進

大阪市内幹線コースに300人
天王寺平和委から35人が天王寺公園で、通し行進の玉置副理事長らと合流し大阪城公園まで行進

 7月4日(月) 平和大行進は午前9時住吉区役所をスタートし10 時40分天王寺公園に到着。トイレ休憩のあと10時55分に天王寺公園を出発し上町筋を北上し大阪城・教育塔前に12時30分に到着しました。

 天王寺平和委員会の35人の仲間たちは、住吉区役所から行進してきた府通し行進者の玉置敏次大阪平和委員会副理事長らと天王寺公園で合流し、一緒に大阪城まで「核兵器をなくそう」「戦争法を廃止しよう」と沿道の人々に訴えながら行進しました。

 下校中の高校生が歓迎してくれたり、マンション上階のベランダから女性が手を降ってくれるなどの反応のよさ。「これまでの平和大行進のなかでも最高の暑さ」(何度も通し行進している人のことば)に耐えて歩いたなによりの報酬でした。

《昼過ぎに大阪城公園・教育塔に到着し記念撮影》

6月30日 奈良から大阪への引継ぎ、大阪府内行進出発

2016年国民平和大行進・大阪府出発集会に300人
大阪平和委員会から2人大阪通し行進に挑戦

柏原市役所前の河川敷での奈良から大阪への引継ぎ式&出発式 国民平和大行進大阪府出発集会が6月30日(木)昼、奈良から引き継いだ後、柏原市役所前の大和川河川敷公園で行われました。

 日本を戦争する国に変え、米国の「核抑止力」への従属を強める「戦争法」の廃止を求める野党共闘が参議院選挙で健闘中ということもあり昨年より多い300人が参加。

 集会後、参加者は、辰巳コータロー日本共産党参議院議員や昨年に続いて大阪通し行進に挑む玉置敏次副理事長、旭区平和委員会の吉田穂高青年などを先頭に「いまこそ核兵器をなくそう」、「『戦争法』を廃止させよう」「憲法9条を守ろう」「非核の大阪湾を実現しよう」と沿道にコールしながら八尾市役所に向け歩きだしました。

 国民平和大行進は幹線と網の目の2コースで大阪の街々を練り歩いた後、7月7日(木)に兵庫県に引き継がれる予定です。

 なお、大阪平和委員会の青年学生部青年協議会の青年たちは、府通し行進者のフィリピン代表青年A.G.サニョさんと一緒に国際青年リレー・タスキを引き継いでいこうと申し合わせています。

大阪国民平和大行進出発改憲勢力に2/3議席をとらせない「憲法を守ろう」とアピールする大阪平和委員会の参加者(6/30)

「米海兵隊員による残虐な蛮行を糾弾!被害者を追悼し、海兵隊の撤退を求める県民大会」が炎天下、奥武山公園陸上競技場で6万人が参加して開かれました(那覇6/19)

「沖縄県民大会」に大阪平和委から4人参加
被害者追悼・基地撤去を決意

 6月19日(日)「米海兵隊員による残虐な蛮行を糾弾!被害者を追悼し、海兵隊の撤退を求める県民大会」が炎天下、奥武山公園陸上競技場で6万人が参加して開かれました。主催者は辺野古新基地を造らせないオール沖縄会議。
6.19沖縄県民集会
 多くの参加者は主催者の呼びかけに応じ、黒い服や小物を身に着け参加しました。

 最初に、古謝美佐子さんと一緒に「童神(わらびがみ)」を歌った後,みんなで黙祷。「こんな残虐な事件の被害者は娘で最後にしてほしい」という被害者のお父さんの手紙が読みあげられると会場ではすすり泣く姿があちこちに見られました。

 辺野古新基地を造らせないオール沖縄会議の共同代表稲嶺進名護市長らの主催者挨拶、若い世代からのメッセージ、翁長県知事あいさつの後、日米両政府に①遺族及び県民に対して改め謝罪し完全な補償、②在沖米海兵隊の撤退および米軍基地の大幅な整理、縮小、県内移設によらない普天間飛行場の閉鎖・撤去、③日米地位協定の抜本的改定を行うことを求める決議文が 採択されました。

 最後に参加者みんなでメッセージボード「海兵隊は撤退を」「怒りは限界を超えた」を掲げました。

 大阪平和委員会からは青年を含め4人がこの県民大会に参加し県民と一緒に被害者を悼み、沖縄をはじめ全国から米軍基地を撤去する決意を固めました。

 なお、この前日には那覇市内で安保破棄沖縄県統一連、沖縄革新懇などの共催で「沖縄連帯学習交流集会」が開かれました。集会では赤嶺政賢日本共産党衆議院議員らが挨拶・報告。軍隊とレイプは表裏一体で、今回のうるま市女性暴行事件は米軍基地があるが故の必然。こんな事件が発生しても基地内では凶器探しもできない。沖縄が日米地位協定に守られた軍事優先社会であることを告発し、安保条約・日米同盟打破というしっかりした認識の上に立って沖縄のたたかいと全国からの沖縄連帯支援をすすめていかなければならないこと、その第一歩が7月の参議院選挙で野党共闘の勝利をかちとることであることを学びました。

 県民大会の翌日は、東村高江へ行き「ヘリパッドいらない住民の会」と一緒に、米軍北部訓練場メインゲート前を一時封鎖しました。幸運なことに詩人アーサー・ビナードさんが居合わせ次のようなスピーチを聞く機会に恵まれました。

 「オバマ大統領の広島訪問の第一の目的は岩国基地での海兵隊員激励。マスコミに頼まれ同時通訳した彼の広島スピーチには広島・長崎に原爆を落としたことに何の反省もなかった。その証拠に彼はあの広島に核兵器発射装置を持ち込んできていたし、核兵器の近代化に110兆円もかけようとしている。基地撤去と核兵器の廃絶は日米両国の99%の人々の利益となる。がんばろう」。